窓辺の本

新宿では仕事関係でマンスリーマンションを借りる人が多い

ダイニングとキッチン

マンスリーマンションは、賃貸マンションとは異なった性質を持ちます。一般的な賃貸契約が基本2年なのに対して、マンスリーマンションは月単位の契約が可能です。生活に必要な家具や家電がそろっており、すぐに快適な生活を送ることができます。
新宿のような大都市圏には、仕事関係での利用者が多いです。地方から一定期間だけ新宿に滞在する必要があれば、マンスリーマンションが便利です。一般の賃貸マンションより割高になりますが、ホテルで滞在するよりは安く済みます。
また、新宿への転勤が決まって、賃貸マンションを探す際の拠点という考え方もあります。転勤先周辺のマンスリーマンションを借りれば、焦ることなく物件探しに集中できます。
マンスリーマンションの特徴としては、借り手が短期間で変わることです。防犯上の心配も出てきますが、ほとんどのマンスリーマンションでは、暗証番号を使った電子ロックを取り入れています。入居時点で暗証番号は変わるので、以前に住んでいた関係者が訪れることはありません。警備会社と契約を結んでいることがほとんどなので、女性でも安心して住むことができます。
マンスリーマンションを借りるには、不動産業者へ相談するのが最適です。メリットやデメリットを説明してくれるので、自分に見合った物件が見つかります。

新宿での生活のお試しにマンスリーマンションは最適

東京の新宿と言えば世界屈指の大都市であり、世界中の最先端の文物が集まる土地であります。そんな新宿に暮らしてみたいという希望をお持ちの方も多いでしょうが、物価が非常に高い土地でもあるため、実際に暮らそうと思うと経済的な不安が強くて、実行には移せないという方も少なくありません。そんな方は一度、マンスリーマンションを利用して、新宿での暮らしを体験してみる方法をお勧めします。単純に新宿に滞在するだけであれば、ホテルなどの宿泊施設を利用すれば簡単に実現できます。しかしそうした施設での生活というのは、家事などは行わないため、実際の暮らしとは異なります。食料を自分で購入して掃除洗濯をする、そうした日常を送ってみて初めて暮らしていると言えるでしょう。マンスリーマンションは短期間の滞在に向いているという点はホテルと同じですが、期間が1日単位のホテルと違って月単位となります。そしてあくまで賃貸物件ですので、自炊するというのが前提になります。実際に賃貸物件を契約したのと同じ生活を、1ヶ月から体験する事が出来るというのはマンスリーマンションだけの特徴です。そんなマンスリーマンションも不動産業者へ相談すればすぐに見つかりますので、新宿暮らしを試したい方は相談してみましょう。

リフォーム工事中の仮住まいには新宿のマンスリーマンションがお勧め

新宿やその周辺にお住まいの方で、自宅のリフォーム工事を控えているという方の中で、工事期間中の滞在先をどうしようか考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。一室だけのリフォームであるならばホテルや旅館を利用すればいいですが、フルリフォームのような建物全体のリフォーム工事となると、期間が長くなるのでホテル暮らしとなると宿泊費が高くなってしまいます。特に家族で暮らしているなら、なおさらでしょう。そんな場合に活躍するのが、マンスリーマンションです。ホテルと違って自炊して生活する事が出来るので、それまでの暮らしの延長線で新生活を始められます。家具も用意されているので、リフォームに合わせて全て買い替えるという場合にも便利です。もしかすると新宿に出張するビジネスマンの利用が多い事から、単身者向けの物件というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。確かに新宿のマンスリーマンションは単身者向けのシングルルームタイプが多いですが、家族で利用できる部屋というのも結構あります。マンスリーマンションとして作られた物件だけでなく、通常のマンションの一室がマンスリーマンションになっている物件もあって、複数人での生活に便利な物件もありますので、必要であれば不動産業者へ相談してみて下さい。

TOPICS

RECENT NEWS